<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.06.28 Tuesday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2011.04.21 Thursday  sewing box




良いお天気が続く春休みです。
毎日近所のお友達と外遊びする子ども達は、
うっすらと日焼けした元気いっぱいの姿。
降りそそぐ日差しと吹き抜ける心地よい風、
今年も爽やかな季節がやってきました。

・・・・・・・・・・・・・

合間を見ながらパッキングも。
少し前に出会った古いソーインボックスは、
探していた形と木の質感がどんぴしゃり!
ひと目で気に入ったものでした。
とりあえずこのままパッキングして持ち帰り、
日本で中身を整理整頓して使うつもりです。
その前にワックスでメンテナンスもしなくては。





ソーイングボックスで思い出したお店が・・
ロンドンにあるCloth houseという素敵なお店です。
そのウィンドウのディスプレイがとっても可愛くて、
窓の前だけでも相当な時間を費やしてしまったくらい。笑
もちろんお店の中もたくさんの生地やリボン、ボタンが並び、
(店内の写真はお断りとのことでした)
お裁縫好きな方はいくらでも居られる、そんな場所。
その時は子ども達が博物館めぐりをしていたので、
私(と次女)でのんびり見てまわれたんだっけ。
ほんの少しだけ買ったアンティークリネンは記念の品。



写真を見ているとソーイング熱が高まってくるのですが、
今はそれどころではないでしょって自分に問いかけて(笑)。
頭に浮かんでいる物をまずはメモに残しておこうか。
おっと、その前に娘の幼稚園グッズを作ってしまわないと!





2011.04.08 Friday  bottle collection





引っ越し作業、
最後まで詰められないものも多いけれど、
「うちはママのものがほとんどだよね。」
夫の言うとおりの我が家^^;

なので早々と片付けられるものは片付けようと
戸棚の中を整理し始めたのですが、
「そうそう、これはあの時あそこでね・・・」
ひとつひとつの思い出がめぐり、
なかなか梱包できないのも事実。笑

・・・・・・・・・・

このミルクボトルは1950年頃に使われていたよう。
日本の牛乳瓶もそうですが、
ぽってりと厚手のところが可愛い。
とてもキレイな状態で、蓋もついていて、
お気に入りのボトルのひとつです。




“いつか青空市に出せたらなぁ”なんて淡い夢を抱きながら、
この2年間、こつこつと集めてきたモノのひとつがボトル。
そして今、“いつかチャリティショップを開けたらなぁ”と思っています。
古いモノがお好きな方に手にとって頂けて、
さらに震災への募金へ繋がるのならば・・・と。
こちらもまだ小さな小さな想いなのですが。

いずれにせよ、大切に持ち帰ろう。
心を込めて梱包しなくては!







今日は金曜日、今週も終わりですね。
こちらは明日からイースターホリディが始まります。
2週間のお休み、子ども達とたくさん思い出を作ろう!

日本は新学期、新生活の季節ですね。
皆さまが新しい春を元気に迎えられますように・・・







2011.02.08 Tuesday  お買いもの あれこれ




ひとりゆっくりとお買いもの・・・
なんて時間はとれませんが、
お洋服、本、製菓材料などなど
あれこれ欲しかったものを少しだけ^^

それにしても、
リバティコラボのお洋服があちらこちらでたくさん!
これほど日本で人気だったとは驚きました(笑)
イギリスに行きすっかり魅了されたリバティに、
日本でもたくさん出会えるなんて嬉しいナ。

 

私には珍しいターコイズブルーのエロイズをチョイス。
なんとなく顔色が若返って見える印象!笑
今はベスト+ジーンズをブーツインで合わせ、
春になったらチノパンに白いスニーカーかな^^




3人の子連れでは本屋さんへも
駆け足でしか立ち寄ることができなくて^^;
それでも欲しかった本を必死に探して・・・

本、なるべく自分で手に取って、
吟味してから買いたい派なので、
本屋さんや図書館がものすごく愛おしいけど(笑)、
子ども達の手が離れたらゆっくり通うとしよう。





むこうでの手持ちが無くなったものも買い足し。
あれこれ手にとって思う時間はやっぱり至福^^
どこに住もうとも、お買い物は楽しいものです。笑






2010.12.07 Tuesday  Diary 2011



子ども達の学校のクリスマスプレイが近づき、
息子と娘が歌や台詞を時折口ずさんでいます。 
母はそれをこっそり聞くのが楽しかったり^^

声の高い息子の歌声が本当に綺麗なのです。
(親バカなのですが・笑)
変声期前の男の子の声は、
美しいと言われていますものね。

本番の日が楽しみです。




大使館への所用のため、ロンドンへ行きました。
ひとりで電車に乗ってロンドンへ・・・
実は初めてのことで、密かにドキドキ。笑
お迎えまでに帰らなくてはならないので、
ほんの数時間だったのですが、
心満たされる時間となりました。

フォートナムメイソン、ラデュレ、リバティ、
急ぎ足でさくっと見てまわりました。
来年の手帳はリバティのものにしようと、
心の中で決めていたので(笑)、
サイズとシンプルな中身、そしてお値段も
気に入ったものに出会えてよかったです^^

この元気色の手帳のように、
2011年も明るく過ごしていきたいな。




ジャパンセンターでみりんやお味噌を買い、
すっかり重くなった荷物のために、
前から欲しかったリバティのエコバッグを!

日本に帰ったら、
きっとエコバッグですらも愛おしく、
そしてひとりで歩いたロンドンを
懐かしく思うのだろうな。


気分もリフレッシュ、
さぁ、今週も頑張りましょう。














2010.11.24 Wednesday  christmas ornament



今週のイギリスは雪の予報が出ています。
どうか予報だけで終わって欲しい・・・笑 
今日も寒いですが、晴れているので部屋の中も少し明るいかな。
午後は3時過ぎからうす暗くなり、4時半には真っ暗となる毎日です。
とまあ、暗い冬になりましたが、クリスマス気分を高めて、楽しく楽しく♪


今年仲間入りしたオーナメントはこのサンタクロース。
ドイツ製のものですが、なぜかスコットランドでで見つけまた。笑
スッキリ立つそのフォルムはシンプルだけれど、存在感あり^^






チェコに行った時に出会った、木のオーナメント。
雪の結晶が大好きな娘は「snow flakeキレイ〜!」と眺めています^^
チェコではストローのオーナメントも買ったので、今年のツリーはにぎやかに。笑

我が家のツリーはとてもチープなもので、日本へ持って帰るつもりはないのですが、
やっぱりこちらで大きなツリーを買って帰ろうかな・・・なんて、じわじわ思い中。
でもやっぱり生のモミの木にも憧れます。すごく美しいですものね。




イギリスで見つけたクリスマスグッズはというと。。。
例えば、santa・deliveryと書かれたクッキー入りのトラック缶とか、
小さな村のフェアで出会ったたシュガーポット(実はWedgewoodだったり!)など。

お気に入りのクリスマスオーナメントが増えて嬉しい半面、
ごちゃごちゃしすぎないようにディスプレイするのが課題です。。。笑


そうそう!あとはドア用のリースも欲しいのでした!
皆さまも素敵なクリスマスシーズンをお楽しみくださいね☆










2010.11.20 Saturday  christmas cutter


昨日は朝晩と霧の深い一日でした。
そして今朝も霧に包まれております。
こちらに住む前は“イギリスと言えば霧”というイメージでしたけど、
実際は毎日のように霧なわけでもなく・・・笑
ですが、時々こうして一寸先も見えないような濃い霧の日があります。
家の中から見る分には幻想的で結構好きなのですが、
実際に外に出て車を運転すると、怖ーい・・・笑
今日は週末、のんびり窓の外を眺めた朝でした。

::::::::::::::::

このところ、友達と会うたびに「可愛い○○見つけたよ!」と、
クリスマスグッズの話題に花が咲きます。
そして「この季節、物欲がおさえられないよね^^;」と。。。笑
クリスマスのクッキーカッター、私もいくつか買ってしまいました。
写真のものは小さめサイズが6種類。
ベルとエンジェルが特にかわいい^^*


 

 
トナカイのカッター。
その繊細な角のラインを抜くのは難しいだろと、
最初買うのをためらったのですが、
隣にいた年配のご婦人が「cute!」と言いながら
買われていった様子を見て、
私も思わず手に取ってしまいました^^
クリスマスまでに上手に作れるように練習しなくては!

スノーマンのカッター。
こちらで初めて買ったアンティークのクッキー型。
相当古いものですけど、充分使えます^^
私の集めたクッキー型達も、やがて娘やお嫁さん、
そして孫の代へと受け継いで、
使い続けてもらえたら幸せだなーなんて思ったり。

そんなこんなで、少しずつクリスマスの支度をしています。
それでは、皆さまも素敵な週末をお過ごしくださいね。






2010.10.05 Tuesday  festival of antiques


雨模様のイギリスらしい日が続きます。
数日前にヒーターをつけたら、作動しない!ではありませんか。
これから寒い冬がやってくるというのに大変です。
早速管理人さんに伝えたら、先ほど見にきてくれました。
結果、スイッチのランプ部分は故障しているようですが、
ヒーター自体には問題なさそうとのこと。
確かに、しばらくしたらじんわり温まってきたのでホッとしました。
それにしても、管理人さんの英語は素晴らしく速いので(笑)、
必死で聞きとらないと半分も理解できません、いつも^^;
今日は彼が「私が日本語を話せたらよかったねー!」と笑っていました。笑

++++++++++++
さて。先週の土曜日はお友達とpeterboroughのアンティークフェアへ行きました。
そういえば3月に訪れた時は確か妊娠5カ月頃・・・時の流れを感じます。
友達も私も当日は朝4時すぎに目が覚めるほど興奮気味。笑
なにせ今回はそれぞれ子ども達を夫へ託し、ゆっくりお買いものができるのですから!
お目当てのものが見つかるといいねーと車での道中もおしゃべりがとまりません^^

オープンと同時に駆けつけましたが、お弁当持参で行きましたので(張り切りすぎ・笑)、
前回気に入ったお店(私も友達も)、今回新たに発見したお店、
途中休憩を入れながらも(授乳のため)時間をかけてゆっくりと見てきました。

まん丸のカゴ、ずっと欲しかったのですかざず手に取りました。
ラインも可愛いし、程良いアメ色加減といい、状態の良さと言い!
そして、お決まりの木の小物たちもあれこれ。笑


今回はいつの日かマイホームを建てた時に・・・のために、
家づくりに使いたい雑貨もいくつか購入しました。
帰り際に出会った青いシェルフは値段を聞いて即決!
写真にはありませんが、古いドアノブ等も買ってきました。
大事に日本へと持ち帰らなくてはいけませんね^^


         
(次女を抱いてのお買いものだったので、写真はほとんど撮れませんでした。)

そうそう、例のごとくガラス瓶などもたくさん連れて帰ってきました。
瓶だらけの箱を見た夫は「ゴミの日に捨ててしまいそうだ」なんて言っていましたが、
私にとっては宝物なので、どうかそれだけはやめてくださいー。笑
いつか青空市などに出店できたら・・・なんて淡い夢を抱いておりますので^^



             アンティークのインク瓶、ステキです♪




2010.10.02 Saturday  CUSTARD CREAM


10月ですね。
スーパーにクリスマスグッズが並び始めました。
クリスマス仕様のクッキー缶、今年こそは買わねば!
写真の缶はクリスマスのものではないのですが、
友達から可愛いビスケットの缶があるよと教えてもらい、
先日お店で見つけた瞬間私も一目惚れ。笑
中には同じカスタードクリームサンドが詰まっています。
甘〜いお菓子ですが、すっかりイギリスの味に慣れてきた我が家、
みんなで「なかなか美味しいね〜」と言いながらつまんでいます(笑)



少し前にミルクガラスのDUNDEEのマーマレードジャーを見つけました。
イギリスでは昔、マーマレードは陶器に入れて売っていたそうです。
その後、ミルクガラスへ変わり、今はガラス瓶で売られています。
DUNDEEはスコットランドの南に位置する街でママレードの発祥の地だとか。
陶器のマーマレードジャーも欲しいところです^^


明日は友達とアンティークフェアへ出掛ける予定。
とても楽しみ!素敵なモノにめぐり会えるといいな。
皆さまも良い週末をお過ごしくださいね。







2010.06.22 Tuesday  Burleighの食器。

マフィン.jpg
ブルーベリーにラズベリー、ブラックべりーにストロベリー、、、と、
この頃ベリー類がハーフプライスでスーパーに並んでいます。
洗ってそのままお口にポイっ!! 子ども達も大好き^^
でも今回はどうしても食べたかったブルーベリーマフィンに。(A.R.Iさんレシピ)
スーパーで買うマフィンよりはやっぱりずっと美味しいわー。

マフィン3.jpg
今日のお話のメインは、イギリスの陶器メーカーBurleigh社の食器。
こちらに来るまで、あまり洋食器には興味がなかったのですが、
少し前にBurleighの食器達を手にした時に、その可憐さに魅かれました。
そして友達から「陶器の町にファクトリーショップがあるらしいよ!」と耳より情報アリ!


Burleigh 1.jpg
ということで、先日の湖水地方への旅の途中に寄り道。
ストーク・オン・トレントという、英国陶器発祥の町へ寄りました。
*イギリスを代表する陶磁器、ボーンチャイナとは。。。
牛の骨灰を陶石に混ぜることによって、半透明で乳白色に輝く陶磁器のことだそう。
ウェッジウッドをはじめ、たくさんの陶磁器メーカーの工場がこの町にあるとのこと。
(時間もあまりなかったので、お目当てのBurleighのショップのみへ行きました。)


Burleigh4.jpgBurleigh3.jpg
素敵な食器達が所狭しとたくさん!!!
お目当てをだいたい決めいたものの、これだけ目にしてしまうと迷うー。笑
kidsコーナーで子どもを遊ばせつつ、必死で物色しました。
時に夫が良いアドバイスをしてくれるので(笑)、これまた色々と悩みながら・・・
ファクトリーショップだけに、セカンドの品だったり、お目当ての色・柄が無かったりもしますが、
日本での定価に比べると、お買い得なのでついついあれもこれも欲しくなってしまう^^;
今回はFelicityシリーズを中心に選びましたが、帰国前にもう一度訪れたいものです。

ちなみにこのBurleighの陶器の歴史はは150年前から!
以来、ずっと同じ方法で、すべて人の手で作られているそうです。
この模様は、銅版にロール紙を押して模様を転写し陶器に貼っていく手作業によるもの。
陶器達の可憐さはひとつひとつの手作りから生み出されているんですね。納得。。


           Burleigh 5.jpg
         

肌寒い日が続いたせいか、ちょっと風邪気味です。
今日は久しぶりに気温が上がって、半袖日和でした。
出掛ける用事があったのですが、車の中で日差しにやられてぐったり^^;
冷やし中華とか、すごく食べたくなりました。笑

みなさまもどうぞご自愛くださいね!




2010.04.22 Thursday  ポーランドの器。

         
少し前にカーブーツセールで見つけたこの器。
なんとなく日本の絵付けのようですが、実はポーランドの陶器でした。
優しいラインと、どこか温かみを感じる雰囲気にすっかり魅了されて^^


裏の印を参考に調べて見たところ、老舗ポーランド食器ということが判明。(こちら
ポーランド食器は上質な陶土を使い高温で焼き上げていて、とても丈夫とのこと。
食器の模様は職人さんがひとつひとつ絵付けされているそうです。


その直営店がイギリスにもあり、安く手に入れることができると知り、
しかも、そのお店がこの前のドライブ旅行の帰り道の近くだったので、
ポーランド食器を求めてLewesという町にも寄り道してきたのでした。



小さなお店だったど、色んな柄、形、、とにかくたくさん並んでいました。
繊細な模様のものもあったけど、悩んだ末、私がが選んだのは二つの柄。
水玉はなんだか日本の豆絞りを思い出してしまって、手から離れず。笑

テイポットやバターケース、グラタン皿等もすごく魅かれたのですが、
うちにある他の食器と合うかとか、よくよく考えてみると、
結局、いつもの食卓で日常使いができそうな平皿(大・小)と小鉢などを買いました。



さっそく使っています。 お昼のチャーハンも可愛らしく見える。笑
使いやすい大きさと触り心地・・・帰国するまでに買い足したいな、なんて。
和食、洋食、ケーキ、何にでも合いそうだしね^^



それにしても、カーブーツセール、侮れないなーと思いました。
(カーブーツで見つけた器は1ポンドだったし。笑)
益子焼や笠間焼・・・日本の器も大好きだけど、
こうしてポーランドの陶器との出会えたこともいい思い出となりそうです^^

    お店の中の写真。あ、ミルクピッチャー買い忘れたーっ。。。









/ 1 / 3 / >>

Profile

Category

Archives

admin